浅草食べ歩きグルメ

浅草は国内旅行観光スポットのもはや定番。海外からの観光旅行客も近年では大変多く見られます。
浅草は都内に位置することもあり、多くの方にとっては国内の近場観光スポットとして一度は訪れたことがある、身近な場所なのではないでしょうか。

雷門をくぐって浅草寺に参拝、けれども意外と盲点なのがこの雷門と浅草寺本殿をつなぐ仲見世通りです。
仲見世通りはいつも観光客で賑わっているため、ゆっくりとお店を見て回るなんてことは、何度か旅行で浅草を訪れた人でも意外に経験がないはずです。

ここで今回ご紹介したいのが、浅草仲見世通りの食べ歩きグルメです。

仲見世通りにおいてまず外せないのは元祖木村家人形焼本舗の人形焼。
出来立て、ふわふわで優しい甘さの人形焼をその場で楽しむことができます。

そして、ここに来て是非ご賞味頂きたいのが浅草花月堂のメロンパンです。
浅草でメロンパンとはなかなかイメージがないと思いますが、外はサクサクで中はふわっとした軽めの温かいメロンパンは、夕方には売り切れることもあるというほどの大人気。
お店の前に行列が...なんてこともしばしばです。

浅草での食べ歩きは国内旅行客にとってはもちろん、海外からの方にも日本の食文化を知ってもらう良い機会になるのでオススメです。
国内旅行の定番スポット浅草で、食べ歩きという新しい楽しみ方を模索してみてはいかがですか?