国内旅行で各地の味覚を味わう旅

日本国内を旅行される目的として、各地の味覚を味わうという楽しみ方がありますが、どうせなら変わった美味しいものを食べてみましょう。

岐阜県飛騨市は飛騨牛が有名ですが、以前、飛騨高山の古い町並みに行った時に食べた、飛騨牛の串焼きが絶品でした。
ステーキ等は食べると当たり前に美味しいのですが、串焼きは炭火で焼いてあるためか、香ばしく感じました。

国内旅行で行くなら九州もおススメです。九州でしか味わえない味と言うと、案外知られていませんが、トンコツスープは味が本州側では違います。
初めて東京都で豚骨ラーメンを食べた時に味の違いに驚きました。

そして、大分県で水揚げされる関サバ、関アジも絶品です。関門海峡は渦潮が絶えず、そこで育ったサバやアジは身のしまりが他の地域のサバやアジとは違います。
流石に大衆的な値段ではありませんでした。

これは独身の頃やってみた事ですが、国内旅行でしたら、新幹線などを使い、遠出をすれば、各地の美味しい限定などの駅弁を食べることが出来ます。
目的は駅弁ですから、取り合えず到着予定地を決めておき、到着予定地に着いてから具体的に決めても案外どうにかなるものです。
少し無謀ですが、そんなことが出来るのは日帰りなのと国内旅行ならではです。

旅する理由一つで旅行も変わります。